200円のスクラッチくじで2等の10万円が当たった!

 

私は15年以上前から現在に至るまでスクラッチくじを定期的に買い続けています。

15年前に初めてスクラッチくじを窓口で10枚購入した時に、1万円当たったのがきっかけでスクラッチくじを定期的に購入するようになったのです。

 

現在では主に200円のスクラッチくじを買っているのですが、以前は100円のスクラッチくじしか買わなかった私が、200円のスクラッチくじを購入するようになったのには理由があります。

それは、2013年の7月10日から7月13日の4日間だけ発売された200円スクラッチくじの「手塚キャラクタースクラッチ アトム&ブラック・ジャック&ピノコ ラッキートライアル」というスクラッチくじで2等の10万円が当たったからです。

 

元々私は、手塚治虫の漫画が大好きで子供の頃からブラックジャックなどの作品に親しんでいました。

インターネットの宝くじの広報サイトでブラックジャックのスクラッチくじが販売されるという情報を見て、地元にある宝くじ売り場に発売日の7月10日にスクラッチくじを仕事帰りの午後18時過ぎに買いに行きました。

そして、丁度その日に私の自宅に宿泊していた親戚一同と子供達と一緒に、自宅で夕食を囲みながら、皆と一緒にブラックジャックのスクラッチくじを削ってみたのです。

 

スクラッチくじを削るタイミングはいつもは私の書斎の机の上で寝る前の楽しみとして就寝前に削っています

その日は親戚が来ていたという事もあり、お酒が入って大分良い感じに酔ってきたところで、親戚と子供達に「今日はお楽しみがあるよ」と言って、胸ポケットに入れていたブラックジャックのスクラッチくじを取り出してテーブルの上に置きました。

そして、10枚のスクラッチくじを全て子供達に削らせてみました。

すると、何とその内1枚にくじ表面左側の4つの絵柄ボックスの中の左上の絵柄がくじ表面右側にあるラッキーマークの中の絵柄と同じで、絵柄の左側に「十万円」と書かれているのを見て、私は親戚と子供達一同と一緒に驚き、大騒ぎになりました。

 

当選金は後日、みずほ銀行に行き、係員の人にスクラッチくじが10万円当選した、という旨を伝えると換金用の申請用紙を持ってきてくれました。

住所と氏名を記入し、窓口で女性の行員の方から「おめでとうございます。お手続をしますのでしばらくお待ちください。」と言われました。再びしばらく銀行の長椅子に座って待ち、そして案内の音声が鳴り、窓口で封筒で10万円を受け取る事が出来ました。

当選したスクラッチを削ってくれた子供達には、全員におもちゃとゲームソフトを買い与えてあげました。

 

金運アップ、宝くじを当てたいならこの3つの白蛇財布!

白蛇財布05

■白蛇シンプルイズベスト束入れ

価格12,960円(税込)

サイズ 9.5cm×19cm×1.5cm
素材 牛革(国産牛革使用)
裏地 合成皮革
重さ 100グラム
生産国 日本(日本人職人によるハンドメイド)

>>詳細はこちら

 
■世界一使いやすい財布

価格9,072円(税込)

サイズ 9.5cm×19cm×1.8cm
素材 牛革(国産牛革使用)
裏地 合成皮革
重さ 85グラム
生産国 日本(日本人職人によるハンドメイド)

>>詳細はこちら

 
■白蛇多機能長財布

価格18,360円(税込)

サイズ 10cm×19.5cm×4cm
素材 牛革(国産牛革使用)
裏地 合成皮革
重さ 210グラム
生産国 日本(日本人職人によるハンドメイド)

>>詳細はこちら