寅の日 財布 購入

 

『財布を購入する日って寅の日が良いって本当?』(口コミ4件)

↓  ↓

■その1

日本には様々な吉日があり、財布を購入、新調した財布を使い始めるのに適した日があります。

その一つが寅の日です。

 

虎が一瞬で「千里往って千里還る」と言われることから、寅の日に旅行に出かけると安全に帰ることができるとされています。また、虎の黄色い縞模様は金運の象徴でもあり「出て行ったお金が戻ってくる」という験担ぎもあります。

 

寅の日は、数ある吉日の中でも金運に最も縁のある日で、金運招来日とも言われています。そのため、旅行、初漁や船下し、財布の新調、財布の使い始め、宝くじの購入に向いています。

 

寅の日以外にも、大安、一粒万倍日、天赦日など財布の購入、使い始めにぴったりの日があります。

一粒万倍日は他の吉日と重なるとパワーが倍増するとも言われているので、寅の日と一粒万倍日の重なる日などを探してみてはいかがでしょうか。

 

■その2

まず何故寅なのかと言えば、虎の黄色い縞模様は金運の象徴であり千里の道を駆け、一瞬で戻って来ることから縁起物とされました。

 

それでは寅の日であればいつでも財布を購入してよいかというと実はそうではありません。

暦には同じ一日でも六曜や不成就日、三隣亡といったものが同時に存在します。せっかくの虎の日もこれらと被ってしまえばご利益が減少するどころか組み合わせによっては大凶日となり得ることもあります。

 

また財布を使い始めるタイミングは新月の日が良いでしょう。

新月は満月に向かって月が満ちるようにお金が満ちていくという意味があります。反対に満月から使い始めると、月が欠けていくようにお金が欠けていくという意味があります。

 

■その3

財布を購入する日は、寅の日がいいです。

寅の日というのは、12日周期で回ってくる吉日です。この日はお金を運んできてくれるとても縁起のいい日とされています。なので財布を買うにはとてもベストな吉日なのですよ。

 

私も財布を新調するときには、絶対に寅の日を選んで購入しています。また宝くじを買う時も寅の日を選びますね。

その結果、大当たりなどはないですが、お金には困らない生活をしております。なのでこの迷信は信じれるものですよ。

 

古くから言われている迷信にはそれなりの所以があるわけです。なので、私は財布を購入する日は寅の日がいいか?についての問いに、はいその通りです。とこたえたいですね。

金運が良くなる財布ってどんな財布?

 

■その4

財布を購入する日って寅の日が良いというのは、本当です。

寅の日というのは、金運招来日と言われていて、金運を招いてくれる日なのです。千里を行って千里を帰るという言い伝えがあるように、虎と金運は密接な関係があるそうです。

なのでこの日に財布を購入すると、金運がアップします。

 

それから寅の日と天赦日が重なった日に、財布を購入すると良いと言われいます。そのほうがより金運アップにつながるのです。

さらに財布にお金が沢山入っていると、張る財布と言われますよね。

このはるさいふをもじって、春に財布を買い替えるとより縁起が良いとされています。なので、これから財布を買い替えようと思っている方は、春の寅の日と天赦日が重なった日に財布を買い替えると良いです。

 

財布を購入する日がわかる便利なカレンダーはこちら!

↓  ↓

 

金運アップ、宝くじを当てたいならこの3つの白蛇財布!

白蛇財布05

■白蛇シンプルイズベスト束入れ

価格12,960円(税込)

サイズ 9.5cm×19cm×1.5cm
素材 牛革(国産牛革使用)
裏地 合成皮革
重さ 100グラム
生産国 日本(日本人職人によるハンドメイド)

>>詳細はこちら

 
■世界一使いやすい財布

価格9,072円(税込)

サイズ 9.5cm×19cm×1.8cm
素材 牛革(国産牛革使用)
裏地 合成皮革
重さ 85グラム
生産国 日本(日本人職人によるハンドメイド)

>>詳細はこちら

 
■白蛇多機能長財布

価格18,360円(税込)

サイズ 10cm×19.5cm×4cm
素材 牛革(国産牛革使用)
裏地 合成皮革
重さ 210グラム
生産国 日本(日本人職人によるハンドメイド)

>>詳細はこちら