財布 購入 大安

 

『財布を購入する日って大安吉日が良いって本当?』(口コミ4件)

↓  ↓

■その1

常日頃買い物に使うお財布は、大体の買い替え時期は3年と言われています。できれば金運があがるお財布を購入したいと思うのは当然です。

しかし、お財布の種類だけでなく購入する日も大変重要になってきます。

 

カレンダーを見てみるとたいてい歴注の一つ、六曜が記載されています。

「結婚式は大安がよい」や「葬式は友引をさけるほうがいい」など日本では、大変影響力があります。

 

影響力がある理由として六曜には大切な意味があるのです。

特に、大安は婚礼・旅行・建築・移転・開店など何事をするにも吉の日と呼ばれているのです。ですのでカレンダーを参考に、大安の日にお財布を購入したり、または使い始めることにより金運アップにつながってくるので大切になってきます。

 

■その2

みなさん財布を買い換えるのって結構一大イベントだったりしませんか?

私は買い換えるときはいつもすごく気合を入れて買っています。なぜかと言うと財布は大事だからです。良い財布を使うと金運を呼びこむと聞いているので良い物を買っています。

 

そんな財布の買い替えですが物だけではなく財布を買い換える日も大事なのです!

大安ってありますよね?

先勝・友引・先負・仏滅・大安・赤口のいわゆる六曜と言われる暦です。なんとこれの大安の日にお財布を買うと、特に金運を呼びこむを言われているのです。

 

私はこれを知ってから何か大きなことをするときはだいたい大安の日にすることにしています。せっかく買ったりする時期を選べるのならやはり少しでもいい日に行動したいですよね。

 

■その3

大安はまさに吉日の王様で、何かを始めるには最適の日です。

結婚する日に大安を選ぶ人が多いのもこのためです。財布の場合でも、購入したり、手に入れたりするのに最適の日だと言われています。

 

大安以外にも、

・一粒の籾が万倍にも実る稲穂になることから、仕事始め、開店、お金を出して何かを始めるのにいい日とされている一粒万倍日(いちりゅうまんばいび)

・虎の黄色い縞模様は金運の象徴であり一瞬で千里の道を駆け巡りまた一瞬で戻って来ることから、この日に財布を使い始めると縁起がいいと言われている寅の日

・百神が天に登って会合し、万物の罪を赦す日であるとされ万事にわたって最上級の大吉日である天赦日(てんしゃにち)などもいいと言われています。

 

一粒万倍日は、ほかの開運日と重なるとその効果が倍増する、という特徴もあるので、購入する財布を決めたら、次は自分のピンとくる開運日を探してみましょう。

 

■その4

財布を購入する日って大安吉日が良いって本当かというと、それは本当です。

これは年配の方は知っている方が多いかもしれません。今の若い人は知らない人が多いと思います。

 

大安吉日はとても縁起の良い日で、何事も成功する日と言われています。結婚式を行ったり、結婚届を出す日としても良い日です。

なので大安吉日の日に財布を購入すると、その財布に沢山お金が入ると言われているので、財布を買う日は大安吉日の日にしましょう。大安吉日以外の日よりも確実に大安吉日の日のほうが縁起が良いです(*^_^*)

 

店舗のお店やインターネットのお店で、財布を買う時は必ず大安吉日に買うと良いでしょう。カレンダーに、大安と書かれているのでチェックを付けておくと良いでしょう。

 

財布を購入する日がわかる便利なカレンダーはこちら

↓  ↓

 

金運アップ、宝くじを当てたいならこの3つの白蛇財布!

白蛇財布05

■白蛇シンプルイズベスト束入れ

価格12,960円(税込)

サイズ 9.5cm×19cm×1.5cm
素材 牛革(国産牛革使用)
裏地 合成皮革
重さ 100グラム
生産国 日本(日本人職人によるハンドメイド)

>>詳細はこちら

 
■世界一使いやすい財布

価格9,072円(税込)

サイズ 9.5cm×19cm×1.8cm
素材 牛革(国産牛革使用)
裏地 合成皮革
重さ 85グラム
生産国 日本(日本人職人によるハンドメイド)

>>詳細はこちら

 
■白蛇多機能長財布

価格18,360円(税込)

サイズ 10cm×19.5cm×4cm
素材 牛革(国産牛革使用)
裏地 合成皮革
重さ 210グラム
生産国 日本(日本人職人によるハンドメイド)

>>詳細はこちら